もはや毎週の恒例行事、バチェラージャパンが楽しみで仕方ありません。

そんなバチェラージャパンも次回が最終回です。
というわけで、プレ最終回、見てしまいましたので感想をメモっておきたいと思います。

今回は、残された候補者3名の実家に行って家族と対面する、という相当エグい企画でした。

蒼川愛さんの実家は島根県の松江市。
立派そうな家でした。
お父さんは仕事の出張中で不在とのことで(何の仕事なんですかね?)小学校の先生をしているらしいお母さんと対面です。
っていうか小学校の先生とか、本編では出てきていない情報をなぜ私が知ってるかと言うと、あの今田耕司が出て来る謎の振り返り番組も全部見たからです(笑)。
これまでは本編しか見ていませんでしたが、今回はばっちり見てしまいました。
実は、本編では編集されて流されなかった部分がちょっとあったり、今田耕司がコメントする情報が本編にはなかったりするので、何気に重要な番組なのかもしれません。
これまで今田耕司が意味不明とか言ってすみませんでした(笑)。
ちなみに今回のゲスト美女は南海キャンディーズのしずちゃんでした。
美女かどうかは不明ですが、恋愛トークは面白かったです。

さて話を戻して蒼川愛さんですが、柳川的な船のデートは楽しそうでしたが、お母さんは複雑な感じっぽかったです。
やはりまだ大学生ということもあって結婚をイメージできないんだと思います。
っていうかこれって最後選ばれた瞬間に結婚するわけじゃないですよね?さすがに。
結婚を前提にお付き合いする、くらいなら心理的な抵抗も少ないのかななんて思うのですが。
あともし結婚しても、芸能活動自体は普通にできそうな気もします。
アイドルとか結婚してたらダメなんですかね?
いやそもそも蒼川愛さんがアイドル目指しているのかどうか不明ですが。
そういえば、今思い出しましたが最初は友人2人もいました。

そして大宮の古賀あかねさんです。
これも今田耕司情報ですが、中学校の時に両親が離婚、以降、お姉さんと古賀あかねさんを女手一つで育て上げたお母さん、小弓さんと対面です。
ちなみに今田耕司の方に写真で出てきたお姉さんの風香さんはお母さんに似てました。
その前のデートでは思い出の地にバチェラー久保さんを連れて行くのですが、元ヤン的な過去を披露し、中1で全てのことを終えたことを告白する等、普通にドン引きされそうなことを話していて、意外とその辺ポイントになったんじゃないかななんて思いました。
そして実家は、言葉を選ばずに言えばお母さんが女手一つで育てたという話からは意外なほど立派な家でした。
こちらのお母さんは、仕事が一番、というバチェラー久保さんに懸念を表明。
まあ、家庭が一番、という価値観は当然あるでしょうから、否定はできないですよね。

そして札幌の森田紗英さん。
家はまあ普通の家という感じでした。
そしてこちらは初めて両親と対面するパターンでした。
あとお姉さんも同居しているのか、いました。
三姉妹の長女さんですね。
お父さん、最初見た感じ怖そうだし、質問も直球だし、自分がバチェラー久保さんだったら(いらない心配ですが)相当緊張するだろうなというシチュエーションでしたが、最終的にいい感じになり、自分の息子になってくれたらうれしいとまで言わせるなど、すごいなぁと思いました。

で、結果的に選ばれたのは森田紗英さんと蒼川愛さん。
まぁ今回の内容からすると順当でしょうね。

沖縄の頃とか、古賀あかねさんはもうないかな、と個人的に思っていたので、ここまで来たのもすごいと思います。
そういう意味では森田紗英さんもいつ消えてもおかしくないような感じだったので、こちらも意外ではありますが、今やお父さんの援護射撃もあって本命ですね。
そういえば、沖縄の占い師がショートカットの人が運命の人って言ってましたね。
そうすると蒼川愛さんなんでしょうかね…。
最終的にどちらを選ぶのか、最終回ではバチェラー久保さんの実家に2人を連れて行くようなので、またまたエグい番組ですが、楽しみです。

そして今回は、本編、今田耕司の他に、さらに今田耕司司会で恋のから騒ぎのようにこれまでにバチェラー久保さんに振られた女性たちが集結するというとんでもない暴露大会も公開されていました。
こちらも結局全部見たわけですが、面白かったです。
っていうか売名のために出演しているっぽい人が多すぎ(ある意味全員?)なのにはウケました。
バチェラー久保さんも「品のいい番組とは言えない」って言ってたしなぁ。
ま、見たいように見たいところだけ見て害のない感じで楽しむのが一番だと思います。

なんかだいぶ長々と書いてしまいましたが、バチェラージャパンの最終回、楽しみです!
…当然第2弾がすぐに始まりますよね?
でないとバチェラージャパンロスになりそうです(笑)。