世界陸上がロンドンで行われていますね。

たまたま、ニュースキャスターでも(早送りしながら追っかけ再生で)見るか、と思ったら世界陸上の10,000m決勝がやっていたので見てしまいました。
陸上はあまり詳しくないのですが、優勝した人は強かったですね。
地元イギリスの選手で、かつ世界大会で勝ち続けている絶対王者のような人だったようなので、勝ててホッとしているかもしれません。

さて、世界陸上と言えば織田裕二ですよね。
なぜそんなに陸上が好きなのかはよくわかりませんが、毎回やったらテンション高く司会をしているので、世界陸上と言えば織田裕二というイメージになっていると思います。
実際、織田裕二がみたくて世界陸上を見ている人も50,000人ぐらいいるようです(ソース俺)。

明日の明け方には100メートルの決勝があるようなので、織田裕二のテンション高いコメントが楽しみです。