毎回選挙のたびに、どこに投票するか悩みます。

自分が考える理想的な政治は選択肢になく、そこにあるのは理想的ではない選択肢ばかりだからです。
その理想的ではない選択肢の中から一番マシなものを選ぶ、という選挙は、ある意味ビジネスの上での意思決定と同じなのかもしれません。
ビジネスも、唯一絶対の正解があって白黒はっきりしていることは殆どありません。
グレーがいっぱいある中で、一番白に近いグレーをああだこうだ言いながら探して決断する、その繰り返しです。

話を戻して選挙ですが、とはいえ、どこに入れるかを決めなくてはならないわけで、毎回「えらぼーと」を試しにやってみることにしています。

(参考リンク)
・毎日新聞ボートマッチ えらぼーと 2017衆院選

なぜか、何も考えずにやると、いつも幸福実現党との一致度が高めなんですよね…。
今回も、維新の会と幸福実現党が同率1位という結果になりました。

ちなみに、既に期日前投票は済ませました。
やはり、「一番マシ」を選ぶものなんだなぁということを痛感しました。